茨城の干し芋 「あまいも-Amaimo-」新物シーズン

インターネット通販~プロデュース商材~ 英彩人 ---営業広報担当のサポートダイアリー---

干し芋日本一の生産量を誇る茨城県

中でも“甘くて柔らかくて美味しい”と言われる地帯が、ひたちなか市沿岸部周辺です。

その理由は、土壌が元々火山灰土で水捌けが良い、寒暖の差がある、日照時間が多い、海からのミネラル分が有るなど諸条件が揃っています。

そんな美味しい干し芋エリアで生産される干し芋ブランド「あまいも-Amaimo-」も2013年~2014年シーズンを迎えました。

 

紅はるか

 

紅はるか 平干し

紅はるか お買い得

紅はるか お買い得

 

いずみ13号

 

いずみ13号 平干し

いずみ13号 お買い得

いずみ13号 お買い得

2013年内は、お買い得シリーズ中心ですが、2014年1月以降は本格的な干し芋シーズンですので「タマユタカ」「ほしキラリ」「にんじん」などの品種も登場します。

紅はるか

いずみ13号の蒸かし立ては、この黄金色

このままでも、充分美味しいです。

燃料費の高騰をはじめ、天候不順やその他諸々の経費アップで販売価格も年々アップしてしまって、干し芋も「高級品」のカテゴリーに入っています。

しかし、それでも毎年ご購入してくださるファンの方はお陰さまで増え続けています。

出来上がりが天候に大きく左右されることもしばしばですが、もっとたくさんの方に「干し芋」を知って頂くために、斬新なコンテンツ作りを構想しています。


« »